自動車評論家というと、小林彰太郎さん、徳大寺有恒さん、三木和彦さんなどはやはり有名ですね。自動車評論におけるビッグ3です。カーグラフィックの創設者である小林彰太郎さんはいわずもがな、徳大寺有恒さんはレーシングドライバーを経てから「間違いだらけのクルマ選び」を執筆し一世を風靡しました。三木和彦さんはテレビ神奈川の「新車情報」の番組で辛口評価をすることで人気を集め、自動車評論家として有名になりました。ここまでの3名は自動車評論家として有名すぎる大御所、といったところでしょう。その他にはMJブロンディこと清水草一さん、国沢光宏さん、御掘直嗣さんなども近年では有名な自動車評論家でしょう。清水草一さんは、フェラーリを数台購入し、フェラーリ関係の著作も多い人です。ブログでの質問にも快く答えてくれる人柄が、ファンを集めているようです。国沢光宏さんは、自身のウェブサイトで頻繁に情報を発信している自動車評論家です。トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツ、輸入車など幅広く評論しています。御掘直嗣さんは電気自動車にこだわりを持つ自動車評論家です。自動車のこれからについての著作なども書かれていて有名です。

Tags : , | add comments

燃費の良さで自動車を選ぶなら、ランキングを参考にしましょう。10・15モード燃費で、車種の最良グレードを同じ走行条件で走らせた場合の燃費が一番いいクルマを紹介します。ハイブリッドカーでは、トヨタアクアがランキング第1位です!グレードは1.5Lで、燃費は40km/Lです。燃費の良さは世界一と言われますが、10・15モードで40km/Lならば納得ですね。軽自動車の中で燃費が一番いいクルマは、スズキアルト、トヨタピクシスエポック、ダイハツミライースです。ランキング同率1位となっています。グレードはアルトが660エコL、ピクシスエポックが660G、ミライースが660Gで、32km/Lという燃費性能です。軽自動車のランキングでは燃費性能の良さが以下のランキングでも競り合っており、クルマを購入する際は燃費以外の条件でも比べる必要があるでしょう。自動車燃費ランキング1位は他に、ハッチバックならマツダデミオ、ミニバンなら日産キューブキュービックとトヨタシエンタ、ステーションワゴンなら日産ウィングロードとトヨタカローラフィールダーと三菱コルトプラス、セダンなら日産ラティオとなっています。

Tags : , | add comments

自動車の燃費平均は、いろいろな条件で変わるものですよね。人気自動車の平均の燃費について調べてみましたのでご覧ください。現在の1番人気はスズキの軽自動車アルトエコです。燃費はカタログに30.2km/Lとありますが、実際の燃費平均は22.83km/Lとなっています。街中や一般道、高速道路などの燃費を比べると、順に15.6km/L、25.2km/L、27.8km/Lです。アルトエコの場合、一般道や高速道路ならばカタログ燃費に近い値が出るそうです。次に人気の高いトヨタアクアの燃費平均も見てみましょう。カタログ燃費は35.4km/Lですが、街中は19.5km/L、一般道は28.8km/L、高速道路は27.8km/Lで、平均は24.64km/Lになります。一般道はやはり流れが良いことが多く、アクアの燃費も良いです。運転次第では平均燃費も変わってくるので、アクアに限らず気をつけたいですね。アクアに次いで人気が高いホンダN BOXの平均燃費はどうでしょうか。22.0km/Lというカタログ燃費ですが、街中は11.5km/L、一般道は19.2km/L、高速道路は18.5km/Lとなっています。燃費平均は15.76km/Lになりますね。

Tags : , , | add comments

自動車には購入費用以外に、維持費がかかるものです。維持費となるのはガソリン代、オイル交換代、自動車税、任意保険、12ヶ月点検、車検代金、高速料金、タイヤ代、駐車場代などです。軽自動車の場合、年間維持費は合計で40~50万円ほどかかります。具体例としては、スズキアルトで441,671円、ダイハツタントカスタムで468,873円です。自動車の排気量が661~1000ccのトヨタパッソなどになると、年間維持費の合計は544,911円など、50万円台前半になります。ホンダフィットや日産キューブなど1001~1500ccの自動車ならば、年間維持費はそれぞれ554,512円、568,715円と、50万円台後半が平均的です。排気量が1501~2000ccのトヨタウィッシュは614,256円、日産エクストレイルは652,095円という年間維持費になります。ホンダオデッセイやトヨタアルファードなど2001~2500ccの自動車ならば、658,337円、674,739円ほどの維持費がかかります。ハイブリッドカーになると、ホンダフィットハイブリッドが513,248円、トヨタプリウスが546,987円と、燃費の良さで年間維持費が抑えられます。

Tags : , , , | add comments

自動車の乗り換えで損をしたくないとは、誰もが考えるでしょう。乗り換えの時期としては、車の走行距離や車検時期、車の状態や下取り・買取の時期、欲しい車が出るタイミングなどが関わってきます。車の走行距離は車の状態や中古車買取り価格に影響します。自動車を乗り換える際に下取りや買取を利用する方は多いでしょうし、走行距離が短いほうが高額で売却できるのはご存知でしょう。買取で高額を狙うなら、走行距離が5万以下10万以下などの区切りで時期を決めるのもいいでしょう。車検時期も乗り換えのタイミングになりやすいです。自動車は古くなればなるほどメンテナンス費用がかさみます。車検で修理や交換が必要になった場合、新車購入費のほうが安く済むなら、乗り換えの一番いい時期と言えるでしょう。乗っている自動車の状況も知っておくべきですね。事故を起こしてしまった、燃費が悪い、故障が多いなどなど、車の機能に問題が出てくるようならば、安全面も考えて乗り換えるいい時期になります。家族が増えたり転勤で地方に行ったりなど、環境の変化も自動車を換える必要性が出てくるかもしれません。一番いい時期というのは人それぞれで、乗り換えたいと思った時が一番とも言います。

Tags : , , | add comments

引越しの時には自動車関連の手続きも必要です。自動車の住所変更手続きや、旧住所と陸運局の管轄が異なる場合はナンバープレートの変更手続きを行います。引越しから15日以内に手続きを行うのが一般的です。実際は自動車の住所変更手続きをしなくても車を運転することは可能です。ですが、引越し後に車の下取りや買取を行うとき、廃車にするときなどに面倒な手間が増えるのがいやならば、早めの変更手続きがオススメです。住所変更手続きは必要書類をそろえて行いましょう。

自動車住所変更手続きのための申請書(OCRシート)、車検証、印鑑、手数料納付書、自動車税申告書、住民表、車庫証明、委任状が必要になります。委任状は本人以外が手続きを行う場合に必要です。手続きに必要な書類は陸運局の用紙販売所で購入できます。自動車税申告書は陸運局の税事務所で申告用紙をもらいます。これらの書類に必要事項を記入し、引越し先の陸運局の窓口に提出しましょう。ナンバープレート変更が必要なら、事前に外しておき、登録番号交付所に返還指示書を提出し、新しいナンバープレートを受けとりましょう。ナンバープレートを新しくし取り付け、係の人に刻印を封印してもらえば手続きは終わりです。

Tags : , , | add comments

自動車ノッキングとは

Posted by tochi on 水曜日 12月 4, 2013 Under 自動車ノッキングとは

自動車ノッキングにはいくつか種類があります。カーノック、エンジンノック、ディーゼルノックなどです。カーノックはマニュアルトランスミッション車で起こるノッキングです。エンジン回転数がとても低いまま自動車を走らせ、車体が揺れることを指します。基本的に運転の仕方が悪いために起こります。自動車ノッキングと一般的に使われるのは、エンジンノックのほうです。キンキン、カリカリといったような金属音がピストンエンジンから発せられ、時には振動も起こるのをノッキングやエンジンノックと言います。

ノッキングの原因には、エンジンへの大きな負荷、早すぎる点火時期、高すぎる圧縮比、上げすぎたブースト、燃料のアンチノック性、薄すぎる混合気の燃料などさまざまなものがあります。自動車がターボ車だった場合、ノッキングでエンジンが破壊される可能性もあります。また、長く乗っていて古くなっている車も、燃焼室に堆積したカーボンが影響して、圧縮費が高まってしまい、ノッキングが発生しやすくなります。自動車ノッキングの症状には、デトネーション(異常燃焼)、プレイグニッション(過早点火)を加えることもありますが、内熱機関工学では含めないとしています。

Tags : , | add comments

自動車廃車費用は、どのような方法で廃車にするかで違ってきます。ディーラーや中古車販売業者で廃車を引き取ってもらう場合は、自動車の引取手数料が無0円~2万円前後、廃車手続は代行が可能で1万円~2万円前後が必要です。合計で1万円~4万円前後の自動車廃車費用がかかるでしょう。しかし、最近は自動車を下取し買い換えをする場合は、これらの費用が全て無料になるケースもあります。自動車を廃車として引取ってもらうことも手続も楽な方法ですが、ディーラーなど自動車販売店は、廃車をお願いすると例え買取価値があった車でも廃車してしまいます。

中には廃車にする必要がない車も処分されてしまうデメリットもあります。次に解体業者へ廃車をお願いする場合の自動車廃車費用です。廃車予定の車両引取手数料は、0円~2万円前後です。距離的に近い場所では引取手数料が無料になるケースがほとんどです。解体業者では廃車手続の代行なしの場合と、0円~1万円前後で代行してくれる場合があります。廃車費用は合計で0円~3万円前後ということになりますね。ただ廃車を買取ってくれる解体業者もいるので、上手くすると費用以上のキャッシュバックがあるかもしれません。

Tags : , , | add comments

車検に必要となる自動車納税証明書。
取得には、自動車税事務所や都税総合事務センターからの送付か、市区町村役所の税制課などに請求する方法があります。
自動車納税証明書車検用は、毎年5月に自動車納税通知証と同封されて送られてくるものです。
しかし車検のために5月より前に必要になったらば、市区町村役所税制課か各事務所にて納税証明書を無料で交付してもらう必要があります。
自動車納税証明書の有効期限が切れていたり、紛失してしまった場合も、同じように請求しましょう。
取得や再発行には、地域ごとで必要な書類などが違います。
車検証、納税を行った領収書、自動車の登録番号、自動車の車台番号下4桁、印鑑、身分証明書などが必要書類とされていますが、詳しくは該当する都道府県の税事務所に確認するようにしましょう。
また、自動車納税証明書車検用は郵送してもらって取得することもできます。
納税証明書交付申請書や車検証のコピーを用いて行う方法がありますが、こちらも地域によって細かな差異がありますので、きちんと確認してから実行してください。
基本的には、車検証のコピーと必要な分の切手を貼った返信用封筒を送れば、自動車納税証明書車検用が送られてきます。
パジェロを名義変更したりするときもこうした書類が必要になってくるので注意が必要です。

Tags : , , , | add comments

自動車廃車手続き方法

Posted by tochi on 金曜日 10月 4, 2013 Under 自動車廃車手続き方法

自動車廃車手続き方法は、自動車を一時抹消登録するか、永久抹消登録するかで違います。一時抹消手続は、自動車の使用を一時的にやめるための廃車手続です。店舗に代行を依頼する場合の必要書類は、廃車する車の所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレートです。手続は店舗が代行してくれるので、後はお任せで問題ありません。個人で自動車廃車手続きをする場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書、一時抹消登録証明書、自動車税・自動車取得税申告書が必要になります。廃車手続の必要書類を持って、各管轄の運輸支局に申請と提出を行います。自動車税や保険料の還付などを、期間によっては受けることができます。

永久抹消登録を店舗に代行してもらう場合は、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録の日付のメモが必要です。個人で行うなら、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録の日付メモの他に、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車所得税申告書を用意し、こちらも管轄の運輸局で申請します。

Tags : , , | add comments